Interview

施設長特別インタビュー

高津 山桜の森のスタッフとして働きませんか?

長くケアワーカーをしてきたから現場の悩みがよくわかる。
分かち合いながら一緒に「高津 山桜の森」をつくりましょう!

施設長
北村 謙司Kenji Kitamura
介護福祉士ほか様々な介護技術などの資格を保有
特別養護老人ホーム勤務 入職18年

Message


20歳の時に秀峰会に入職して、今年で18年になります。福祉系専門学校卒業後に現場のケアワーカーとして入職しましたが、学校で習ったことだけでは現場は通用しないことを実感。できないことの悔しさを噛みしめて、当時はがむしゃらに奮闘する毎日でした。
ケアワーカーだった時、たくさん悩み、先輩方へたくさん相談して、いろんな仕事を経験させてもらい、今の自分がいます。秀峰会のような様々な福祉事業を行う法人の中で、特養で18年ってすごく長いんですが、特養一筋だからこそ「高津 山桜の森」で、これから入職して下さる現場の皆さんと分かち合えることが多いと思います。
入職を考えて下さっている皆さん、一緒に「高津 山桜の森」をつくっていきましょう!!

たくさんの大切な出会いと別れがあったからこそ
心から職員を大切にしたいと思う。

この18年の間、自分を成長させてくれた、たくさんの出会いと別れがありました。その中で「こういう人になりたい」と思える先輩や、日々の仕事に悩む後輩、ここで元気を取り戻し、劇的に介護度が下がったご利用者、残念ながらお亡くなりになったご利用者、大切な出会いがたくさんありました。
しかし、心から尊敬していた介護職の責任者の退職に伴い、自分が責任者になった時は、やっていける自信がありませんでした。そういう時も周囲のたくさんの人たちに支えられて、気がつけば今の立場になっていました。
そんな私ができることは、現場の職員の皆さんを大切にし、しっかりと向き合い、毎日を分かち合うことだと考えています。職員が悩んだ時、行き詰った時こそ、よく話をするようにしています。
特養という多職種が連携・協力して仕事をするような施設では、人間関係・コミュニケーション・思いやりや助け合いが大切です。
その中で副施設長としての私の大きな役割の一つは現場の職員の皆さん一人ひとりを尊重し大切にすることです。

「高津 山桜の森」の入職をお考えの方へ―

1.実際に介護をする中で心掛けていること
「よく考え、探究すること」です。介護はベストな「答え」がなかったり、人や職種によって違うこともしばしばあります。その時々、いつになっても学びながらケアをすることを心掛けています。
2.介護の仕事の楽しさと難しさ
介護は多職種のチームで成り立っていますが、介護士、看護師、PT(理学療法士)・OT(作業療法士)、専門性が違うから考えることも違います。でもみんな「このご利用者がここで生活していく上でどういったケアが必要か」を常に考えています。その中で「私はこう思う」と見解を言うことも大切な反面、他の職種の見解を汲まずに押し通そうとすると意見が割れてチームで仕事ができなくなってしまいます。
だからお互いに相手を尊重しながらチームの方向性が一つになるように調整することが重要です。
私たちは「多職種の連携」により、専門職がお互いの専門領域やどのような目線を持ってケアをしているのかを学ぶことができ、より深く「介護」を知ることができます。 「多職種の連携」は難しいことですが、良い連携により良いケアができた時は大きな達成感がありますね。
3.どういった施設にしていきたいか
これから入職される皆さんと一つになり良い施設をつくっていきたいです。
ご利用者に対しては、お一人おひとりが日々の生活の中で、創造的な毎日が送れるように支援できる施設でありたい。
そのために、私はご利用者と職員双方にとって実りあるきっかけをたくさんつくっていきたいです。
4.アニマルセラピーについて
秀峰会ではCAPP(コンパニオン アニマル パートナーシッププログラム)活動を行っています。これは「人間と動物との絆(ヒューマン・アニマル・ボンド)」の理念のもと、日本動物病院福祉協会の支援により1986年から始まりました。秀峰会の特別養護老人ホーム、ショートステイセンター、グループホームでは、犬や猫などの動物がご利用者と一緒に暮らし、心のやすらぎや開放など、大きな役割を担っています。最上部の写真は実際にさくら苑でご利用者と暮らしている看板犬のシュウくんです。
5.「お別れ会」について
秀峰会の特別養護老人ホームでは、1984年の開設以来、施設でご逝去された方の「お別れ会」を行ってきました。
故人を偲ぶと同時に、職員にとっては自分のケアを振り返る機会でもあります。「この方に最善のケアを行うことができたのか」日々のケアを考え直したり、ご利用者お一人おひとり大切に接していこうと改めて感じます。