Interview

ケアマネジャー(特養)インタビュー

高津 山桜の森のスタッフとして働きませんか?

いつもご利用者の近くで日常の様子がわかる施設ケアマネジャーだから、ご利用者を一番に考えた計画作成をしたい。

ケアマネジャー
師 賢一Kenichi Moro
介護支援専門員(ケアマネジャー)
特別養護老人ホーム勤務 入職10年

Message


施設ケアマネジャーのやりがいは、ご利用者にとってより最良なケアを考えられること。 ご利用者がいつも近くで生活されているので、日常の様子を把握でき、必要な時に必要なお話を聞きながら計画作成ができます。だから、いつもご利用者を一番に考えた計画、「その人らしい生活」を送れるような支援をしていきたいですね。
以前就いていた、在宅ケアマネジャーの仕事もさまざまなやりがいがありましたが、ご利用者の近くで日常的に関わることのできる施設ケアマネジャーの仕事に、よりやりがいを感じています。

自分にとって思い入れのある高齢者福祉の仕事、そして特養という場所。

なぜ施設ケアマネジャーに就いたかというと、少し話が遡ります。
将来の進路を迷っていた時に「何か人の役に立つ仕事がしたい」と介護業界を目指し、実習で特養に行った際にご利用者との関わりが楽しくてケアワーカーとして入職しました。 ケアワーカーの仕事はやりがいがあり、ご利用者と歓談したり時にはご利用者に励ましていただいたり(笑)、毎日とても楽しかったのですが、これからもずっとこの業界でやっていこうと決心した時、いろいろな職種を経験することも必要ではないかと考え、思い切って転身しました。
転身もはじめは迷いながらで、社会福祉士として子どもや障がい者福祉に携わる道も考えたり、在宅の経験をしたかったので在宅ケアマネジャーとしても働いてみたり、でも結局は、自分にとって思い入れのある高齢者福祉の仕事、そしていつもご利用者がそばにいる特養という場所が良くて、施設ケアマネジャーの道を選びました。
一度特養を離れていろいろな職種や場所を見たから「やっぱり自分は特養で高齢者福祉の仕事がしたい」という気持ちに気付くことができたんだと思います。

施設ケアマネジャーの仕事に就いて―

1.施設ケアマネジャーとしてのやりがい
ご利用者がいつもそばにいて、よりご利用者と関わることができます。ケアワーカーの時と同じように、世間話などのお話しをしながら支援ができることも仕事の楽しみです。そして何よりも、ご利用者の普段のご様子を知っているので「その人らしい生活」を想定しながら計画を立てることができることです。
2.ご家族との関わり
ケアワーカーの頃は直接ご家族とご相談することに対して少し苦手意識がありました。でもケアマネジャーとして、ご利用者を大切に思うご家族が、不安なく、満足していただけるような対応を心掛けることで「ありがとう」と言っていただけることが多く、今ではご家族から感謝していただけることもやりがいの一つです。
3.今後の目標
1人のご利用者に対していろいろな職種・人が関わって支援をしていますが、チームを纏めながらもご利用者を一番に考えたケアを常にしていきたいです。
4.秀峰会の良いところ
秀峰会は大きい法人なので、介護保険などの制度・しくみが変更された際、どう対応するかなどを法人内で話し合い、決まったことを基に業務にあたることができます。制度・しくみの変更に対して自分で解釈して自分で対応しなければならない状況は大変ですので、こういった体制は仕事がしやすく有難いと感じています。
5.高津 山桜の森に入職される方へ
秀峰会の特別養護老人ホーム、さくら苑、南永田桜樹の森にはそれぞれケアマネジャーが在籍していますが、少ない人数ですので施設間を跨いで協力することもあります。業務の中でわからないことは教え合ったり、お互い困った時は聞きながら仕事ができると思いますので一緒にがんばりましょう!